CLOSE

NEWS

≪シアター駒鳥座≫上映スケジュール

インディーズから、メジャーシーンまで、幅広いジャンルの映画を期間限定で上映いたします。

■ ジュンヌ館3階=シアター駒鳥座
※受付は書店レジにて承ります。

シアター駒鳥座くわしくはこちら

カモスキッチンで映画レシートをご提示いただくと、各種ドリンク(甘酒40mlを除く)を100円引きでお求めいただけます。

≪12月2日(日)~12月23日(日・祝)≫
『トロール・ハンター』(104分)

誰もが知る、北欧の愛すべき妖精《トロール》。
誰も知らない、その姿をノルウェーの森で捉えた!

■上映日:12月2日(日)~12月23日(日・祝)
■上映時間
 ・12月2日(日)午後3時/午後5時20分
 ・12月3日(月)~13日(木)午前11時/午後3時/午後6時
 ・12月14日(金)~22日(土)午前11時/午後3時/午後6時30分
 ・12月23日(日・祝)午前11時/午後6時30分
■鑑賞料:1,080円
■監督:アンドレ・ウーヴレダル
■製作:2010年/ノルウェー
■配給:ツイン

ノルウェーの田舎町で問題になっている、熊の密猟事件を調査する3人の学生。ドキュメンタリーとして撮影も並行しながら証拠収集に奔走していた。彼らが、夜な夜な森の中に姿を消す怪しい男・ハンスを尾行すると、そこにはおとぎ話だと思っていた伝説の生き物トロールが出現。ハンスは政府に雇われていたトロール・ハンターで、テリトリーから抜け出して民家に近づくトロールを抹殺することで、トロールの存在を隠し続ける事が主たる任務であった。3人は、トロールの全貌を明かす決心をしたハンスと行動を共にし、トロールの衝撃的な生態をカメラに収めた。
この映画は、2008年フィルムカメラーテネ社に届いた283分のテープを編集したものである。映像には一切手を加えていない。専門家チームが1年以上かけて解析した結果、本物と断定した・・・。

© 2010 Filmkameratene AS Alle rettigheter forbeholdes. All rights reserved.

≪12月24日(月・祝振)~2019年1月13日(日)≫
『勝手にふるえてろ』(117分)

芥川賞作家、綿矢りさの真骨頂!
傷だらけの現実を突き抜ける暴走ラブコメディ!

■上映日:12月24日(月・祝振)~2019年1月13日(日)
■上映時間
・12月24日(月・祝振)午前11時/午後2時/午後6時
・12月25日(火)~30日(日)午前11時/午後2時/午後5時
・12月31日(月)午前10時30分/午後1時30分/午後4時30分
・2019年1月1日(火・祝)~13日(日)午前11時/午後2時/午後5時
■鑑賞料:1,080円
■監督:大丸明子
■製作:2017年/日本
■配給:ファントム・フィルム

19歳で芥川賞作家となった綿矢りさの恋愛小説を実写映画化。
24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」へ10年間片思い中。そんなヨシカの前に、突然暑苦しい会社の同期「ニ」が現れ告白される。「人生初告られた!!」とテンションがあがるも、「ニ」との関係にいまいち乗り切れないヨシカ。ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。
“脳内片思い”と“リアル恋愛”の2人の彼氏。理想と現実。どっちも欲しいし、どっちも欲しくない・・・恋愛に臆病で、片思い経験しかないヨシカが、もがき苦しみながら本当の自分を解き放つ!ラブコメ史上最もキラキラしていない主人公の暴走する恋の行方を、最後まで応援したくなる痛快エンターテインメント。

©2017 映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

INFORMATION

RECENT POSTS

more